2010年05月29日

「オービス信用できぬ」出頭2年半拒み歯科医逮捕(読売新聞)

 速度違反自動取締装置(オービス)で違反を検知されたのに、2年半にわたり出頭要請に応じなかったとして、北海道警交通機動隊は27日、住所不詳、歯科医師古谷忠典容疑者(40)を道交法違反(速度超過)の疑いで逮捕した。

 発表によると、古谷容疑者は2007年12月25日、北広島市輪厚の国道36号で、法定速度を31キロ上回る時速91キロで乗用車を運転した疑い。同隊は08年1月から今年5月にかけ、室蘭の実家を訪問しオービスで撮影した写真を見せたり、ハガキを送付したりと、二十数回の出頭要請をしたが、古谷容疑者は応じなかった。

 同隊員は今月25日、古谷容疑者が勤務する札幌市内の歯科医院を訪れ「これが最後の通告。正当な理由なく出頭しなければ強制捜査する」と切り出したが、古谷容疑者は「オービスなんて信用できない」などと話し、出頭しなかった。調べに対し、古谷容疑者は自宅住所も明かさず、「容疑を認めるかどうかは、これから考える」と話しているという。

トキ、抱卵中断=ふ化難しく―新潟県佐渡市(時事通信)
両陛下、植物園に(時事通信)
「あかつき」打ち上げ成功 惑星探査、存在感増す(産経新聞)
人工呼吸器「外した」ALS専門医9人(読売新聞)
【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
posted by uiwt6dd929 at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。