2010年03月18日

離婚後の子供の扱いめぐって日米摩擦 米議員「国際的な子供拉致」(産経新聞)

 【ワシントン=古森義久】米下院外交委員会の17日の公聴会で、共和党のクリス・スミス議員が日米間の国際結婚で子供が生まれてから離婚となり、主に日本人の母親がその子供を米側裁判所の裁定を無視して日本に連れ帰ったというケースを「国際的な子供拉致」として非難した。同議員は現在、日米間でそうした例が100件以上もあるとしており、日米間の新たな摩擦の原因となる気配も生まれてきた。

 同外交委員会の小委員会が開催した日米関係についての同公聴会で、共和党側の有力メンバーのスミス議員は、(1)米国人男性のパトリック・ブレイデン氏は日本女性と結婚して娘が生まれた後に離婚し、ロサンゼルス上級裁判所で米国に留まる娘に定期的に会えるという裁定を受けたが、2006年に元妻が娘を連れて日本に渡ったきり、会えなくなった(2)ポール・トーランド海軍少佐は横浜勤務中に日本女性と結婚して、娘ができたが、別居となり、妻が自殺した後、娘は妻の両親に引き取られ、そのままとなった-などという実例を列挙。その上で「日本側は米国の裁判の決定を無視しているため、子供の誘拐に等しい」と非難した。

 スミス議員は日本政府に対し、この種のケースの個別解決や、子供の拉致に関する国際条約への加盟を訴えた。

【関連記事】
今国会中のハーグ条約批准は否定 岡田外相
鳩山首相、子供連れ去り解決のハーグ条約「早く道筋を…」
外国人夫のDVに悩む日本人妻が増加 永住許可抹消に壁
国際親権問題で懸念表明 米国務次官補
映画「ダーリンは外国人」 漫画が原作 異文化ギャップ描く
20年後、日本はありますか?

<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
国公立2次後期日程試験始まる(産経新聞)
谷垣、与謝野会談を提案=石破氏(時事通信)
【月と太陽の物語】富士山 「日本一」光と角度で堪能(産経新聞)
<全日空>B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
posted by uiwt6dd929 at 21:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。